HOME>お役立ち情報>注文住宅に住もう!こだわりを自由に詰め込める住宅

注文住宅に住もう!こだわりを自由に詰め込める住宅

家族で相談してほしい機能や間取りを決める

注文住宅は自由な発想を住まいに反映させられるのが最大の特徴です。家族それぞれが欲しい設備や機能を、まずはメモにして書き出していきます。ある程度は既設の住宅の間取りや設備を参考にしながら、自分ならこうしてほしいと考える要素を加えるのがコツです。実現可能かどうか、あるいは実現できても価格が高くなってしまうなどの要素もあるのですが、まずは価格や予算と分けて家族の希望をまとめます。注文住宅の工務店には、支払い可能金額予算と、設備や機能の希望とを分けて伝えます。予算の範囲内で実現できるかどうかなど、具体案は工務店が判断しながらアドバイスしてもらえます。設計が完了してしまってからの変更は、設計図や仕様書の変更を伴うためコストになってしまいますので、設計が始まる前の段階で希望を伝えきるのがポイントです。

注文住宅を建設するメーカーで相談しよう

注文住宅は自由に住まいづくりのできるシステムですが、工務店にとって得意分野が異なります。家族と話し合って、希望を書き出したメモを参照しながら、工務店を選びます。最初から一社に決めてしまうよりも、複数のメーカーに無料見積もりを依頼するほうが、建設する側の立場や事情を把握しやすいです。使用できる天然無垢材や、自然素材の壁材など、調達できるルートが確保されていれば、原料調達費用を安くできる場合があります。メーカーによって、得意とする設計スタイルや設備機器類も異なりますので、自分たち家族の希望と合致するかどうかを確認しながら話し合いを進めます。話し合う時に、コミュニケーションがとりやすければ、設計が始まってからの質問もスムーズです。