HOME>人気記事>新築の家を建てて何十年も暮らし続けるために知って欲しいコト

戸建てを手に入れる方法

戸建てには、分譲や新築、中古があります。分譲や中古物件を探すときは、不動産会社に依頼をしていくことになるでしょう。新築の物件を一から建てる場合は、施工業者を探さないといけません。

新築建設の依頼ができる場所

  • 細かい要望に応えてくれる工務店
  • こだわりの詰まった家を作るのに適した設計事務所
  • いろんな住宅施工プランを用意しているハウスメーカー

依頼先はどこでもいいわけでない

家を建てるとき、設計事務所や工務店、ハウスメーカーに依頼できることがわかったかと思います。しかし、それぞれ違う特徴を持っているため、適当な判断で依頼先を決めないようにしましょう。イメージする家を建てられるところは、どの業者でもできるわけではないのです。

新築を依頼するときに気になる疑問

業者を探すときはどうすればいい?

マイホームの建築を依頼するときは、ネットや広告などから依頼先を見つけましょう。特に、ネットではランキングサイトなどでおすすめの業者を紹介しています。各業者の特徴をわかりやすく解説されているので、良い参考になるはずです。

見積もりは複数とっていたほうがいいの?

依頼する前に見積もりをとるのが基本ですが、1社だけでなく2社以上に見積もり依頼を出しましょう。そうすることで、費用の比較をすることができますから、業者選びの基準にもなります。

新築工事の事例を知る方法を教えて!

気になっている業者の実績は、ホームページなどで確認可能です。施工事例を掲載されていることがほとんどなので、どんな家を建てているのか簡単に見て知ることができるでしょう。

新築を建てる際にみんなが重視している点は?

耐震性や耐久性、防犯や生活動線などが主に重視されて建てられているようです。また、老後暮らしやすい間取りにすることも考えている方は多いので、将来のこともイメージしておくと良い家が建てられるでしょう。

理想のマイホームのイメージがわかないときは?

新築を建築するときは、特にイメージが重要となるのでイメージを具体化させるためにもモデルハウスや住宅展示場などに足を運びましょう。実際の家を見れば、住んだときのイメージが持ちやすいです。

新築の家を建てて何十年も暮らし続けるために知って欲しいコト

ずっと安心して暮らすには保証も大事

念願だった新築の家を建てると決まったら業者へ依頼したり、希望の家のイメージを固めたり、予算を集めるなどやることはいっぱいです。しかし、これらの問題だけでなく、建築後のことも考えておきましょう。家の建築を終えて、引き渡しになっても住んでみて気になる部分が出てくることがあります。また、欠陥が見つかることもあるでしょう。そうなれば、せっかくのマイホームが台無しになりかねないので、万が一のことを考えて業者へ依頼する前に保証制度の確認もしておきましょう。